NIKKO PROCESS
SINCE 1953

旧社屋作業風景 機械 機械 機械

NIKKO PROCESS
SINCE 1953

ごあいさつ

MESSAGE

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げす。
日光プロセスは創立70周年を迎えした。
これもひとえに支えてくださった皆様のお陰と深く感謝しておりす。

日光が考えてきた良品とは、ただ印刷物を受注するのではなく、デザイナーやクリエイターの想いやこだわりを表現することす。また、それを実現する技術を磨き、紙面に具体化することす。抽象的な表現を具体化することこそ、日光プロセスが培ってきた技術であると考えす。

これからの日光プロセスは、表現域を紙媒体にとどまらずに、拡げてまいりす。視覚化できるすべての表現を、課題解決できるサービスに変えていく、「視覚表現企業」を目指してまいりす。

考え続けることを止めず、現在の良品(新しい価値)のカタチを模索しながら、社員の家族や関係者のみなさまへの感謝を忘れず、社員一同一歩一歩次の期へと歩みを進めてまいりす。

代表取締役
代表取締役 原田一徳

製版とは、一言でいうと「刷版をつくること」です。版にインクを付着させ、それを紙に転写するのが印刷です。版は印刷物の元といえす。
もともとは、紙の原稿を特殊なカメラで撮影し、レタッチ作業を行うことで4つの製版フィルムをつくっていました。現在では、入稿されたデータに対し、必要に応じて修正・画像補正を行います。その後、面付など印刷に適したデータになるよう作業し、版を出力しす。

製版について

HISTORY

70年のあゆみ

大阪市天王寺区寺田町
株式会社日光プロセス

写真製版の会社として創業
写真の技術を応用して印刷用の版を作っていた

旧社屋
1953NHKがテレビ
放送を開始

戦後の高度経済成長期
新しい雑誌が多数発売されるなど、印刷業界も成長していった時代

1964東京オリンピック
開催

東京都港区新橋
東京営業所を開設

当時の製版は〈写真原稿と版下を作る→コンタクトスクリーンを通し網点化した製版フィルムを作る→ 感光して PS 版(金属板)に焼き付ける〉という光学式

1970大阪万博開催

大阪市天王寺区寺田町
電子製版センター開設

80年代では印刷のデジタル化が進み、光学式から電子式へ別々の作業だった〈原稿の色分解と網点化〉を同時に行えるようにった

機械
1982世界初のCDが
日本で発売開始

Macintoshの導入・増設を

制作から印刷までの作業が1台のPCで行えるDTPの普及に対応
90年代を通してデータ原稿へと移行して

1994家庭用ゲーム機が
流行

マックスアート導入・

インクを紙に直接吹き付けて印刷するインクジェット式プリンターを
鮮やかなRGB出力が可能で、大判ポスターの出力などに

2000新紙幣2000円札の
発行開始

Japan Color認証制度
プルーフ運用認証を取得

印刷の色基準を満たした環境としてJapan Color認証を
オフセット印刷機と同じ色品質でインクジェットの校正刷りを提供きる

2011東日本大震災発生

大阪・広島・京都
『日光プロセス創業60周年記念ポスター展覧会』

東京ではUVインクジェット機を
特殊な紙や立体物へのプリントが可能に

2014あべのハルカス
開業

東京都墨田区菊川
本社機能を東京に移転

東京本社
2015マイナンバーの
通知開始

「Proof Jet F1100AQ」

オフセットの校正機からインクジェットの校正機へ
速さと品質の両立で校正作業をサポート

2020山手線高輪
ゲートウェイ駅が
開業

IT技術とWebの普及に伴い、印刷業界は転換期の代に

2021東京オリンピック
パラリンピック
開催

創業70周年へ

表現域を紙媒体にとどめず、撮影システムやデジタルサイネージ、WEB制作など様々な媒体に広げ、企業や人々の思いに寄り添い「視えるカタチ」で表現する視覚表現企業

2022

ABOUT

私たち

>
<
NH写真
TM写真
IY写真
KK写真
KA写真
HA写真

社員インタビュ

日光プロセスには現在62名が在籍しています20代前半から60新人からベテラン製版一筋の人から意外な職種出身の人まで様々な人が働いています会社のことはもちろん普段なかなか聞くことがないプライベトのことなど日光プロセスの今までとこれからを支える社員の方々にインタビュをしてみました

生産部
西日本生産課 | N.H.

■ なぜ日光プロセスに入ったのすか

アドビのアプリケーションに強い興味がありました。当時、印刷業界ではアナログからデジタルへの過渡期、前職の退職を決め日光で立ち上げたばかりのDTP部署を熱望いたしした。

■ 日光プロセスの良いところ・魅力はどんなところすか

クリエイティブ、繊細である職種であると。また、意見や提案が由。

■ 日光プロセスが70年も続いてきた理由はどんなところだと思いすか

先人の技能を継承、そして純粋に顧客の期待に応え続けたら。

■ お休みの日は何をしていますか(リフレッシュ方法)

サウナ、食べ歩き、旅、車

■ 座右の銘

思えば招く(あきらめないで考える)

生産部
西日本生産課 | T.M.

■ なぜ日光プロセスに入ったのすか

就職活動時にマシーンオペレーターで仕事を探していました。 学校の校長先生に日光プロセスを紹介され、面接を受けに行き内定を貰ったからです。 当時写真などには興味はなかったのですが、今となってはこの仕事にやりがいを感じていす。

■ 日光プロセスの良いところ・魅力はどんなところすか

70年の実績・対応力。 チラシ・折り込み・ポスターなど幅広い仕事がある事やクライアントの意向をキメ細かく作り上げるレタッチ術。

■ 日光プロセスが70年も続いてきた理由はどんなところだと思いすか

クライアントの意向通りのキメ細いレタッチ作業で違和感の無い自然な状態の物が納品されているからだと思いす。

■ お休みの日は何をしていますか(リフレッシュ方法)

スポーツ(テニス)

■ 座右の銘

自縄自縛

生産部
東日本生産課 | I.Y.

■ なぜ日光プロセスに入ったのすか

印刷業界に興味を持ったからです。画像専門の求人はあまりありませんでした。 やることはある程度決まっていますが、表現という要素があると思ったからです。 前職は入稿する側でしたが、とにかく速く安くといった感じで印刷のことを詳しく知る機会がありませんでした。 物が生み出される現場に近付きたかったこともありす。

■ 日光プロセスの良いところ・魅力はどんなところすか

個性豊かな社員の皆さん。プロフェッショナルがいっぱいいるところです。 街で関わった広告物を見かけることが多く、世に出る前の広告物に触れられ、 携わることができるところです。 駅貼りポスターに写真撮影待ちの行列が出来ていると誇らしいす。

■ 日光プロセスが70年も続いてきた理由はどんなところだと思いすか

お客様のイメージを再現するためにものを一緒につくり上げてきたこと。対応力と技術力。 品質基準の高さ。それらがお客様に信頼されることに繋がっていると思いす。

■ お休みの日は何をしていますか(リフレッシュ方法)

アニメを見る。

■ 座右の銘

健康第一

営業部
東日本営業課 | K.K.

■ なぜ日光プロセスに入ったのすか

大学の就職課の紹介!日光プロセス1社しか受けていなかったのでそのま!

■ 日光プロセスの良いところ・魅力はどんなところすか

楽しく働ける良い雰囲気と人がいるころ。一日の中で勤務時間が占める割合を考えれば楽しく働かなければ損だと思うで!

■ 日光プロセスが70年も続いてきた理由はどんなところだと思いすか

クオリティというところに特化して尖っているから。品質=日光プロセスと認知されているら。

■ お休みの日は何をしていますか(リフレッシュ方法)

ゲーム三昧・漫画三昧

■ 座右の銘

明日は明日の風がふく

生産部
西日本生産課 | K.A.

■ なぜ日光プロセスに入ったのすか

以前に印刷会社でDTPオペレーターとして勤めていた経験があり、 その経験を活かせると思ったからす。

■ 日光プロセスの良いところ・魅力はどんなところすか

私のいる西日本事業部では、社員のみなさんがとてもフランクで話しやすく、 相談しやすい環境であるのが良いところだと思いす。

■ 日光プロセスが70年も続いてきた理由はどんなところだと思いすか

各印刷会社様やお客様との信頼関係を築き、確かな実績を積み上げてきた過去があるからではないかと思いす。

■ お休みの日は何をしていますか(リフレッシュ方法)

最近はアプリゲームをしたり、動画サイトや映画配信を観ていることが多いす。

■ 座右の銘

塵も積もれば山となる

営業部
西日本営業課 | H.A.

■ なぜ日光プロセスに入ったのすか

「一貫した仕事を任せてもらえる環境である」ということです。 見積りから納品まで責任をもって担当し、自分の仕事にやりがいを感じたくて、入社を決めました。 当時面接で上司に伝えたのを覚えていす。

■ 日光プロセスの良いところ・魅力はどんなところすか

部署ごとにマイスターの方がいらっしゃって「こういうものをつくりたい」 「こういうことができないかな」をすべて実現できるところ。 想像していたものが実際にモノとして表現してくれるので毎回感動しす。

■ 日光プロセスが70年も続いてきた理由はどんなところだと思いすか

伝統を守りつつも、これからの未来に向けての取り組みにも力を入れているところ。 日光プロセスは今後も10年、20年、100周年まで続いていくと思いす。

■ お休みの日は何をしていますか(リフレッシュ方法)

昼に起きてソファで海外ドラマを一日中観ていす。

■ 座右の銘

早起きは三文の徳

INFOGRAPHICS

数字で見る日光プロセス

日光プロセスの
今までこれから
をつなぐ数字を集めました。

創業
男女比
平均勤続年数
紙の種類
DTPエキスパートマイスター資格取得者数
出力面積

FUTURE

次の時代へ

これまで、製版を通して良品を生み出してきました。これからは、その表現力を新しいフィールドで活かしながら、みなさまと共に色鮮やかで豊かな未来の創造を目指して歩んでいきす。

上に戻るボタン(紙飛行機)