可食ペーパー実験

食べられないものを食べられるようになったらおもしろいんじゃないか…
我々は唐突に思いつき、可食ペーパー実験にいたったのである

だがしかし、それは困難な道のりであった

おはぎ妖怪
血色が悪すぎる唇
目玉の…
もはや何を作りたかったのか定かではない

一つだけ言いたいのは決してふざけているわけではないということ
成功なのか失敗なのか誰にも分らないまま、我々の実験は終わりを迎えた
(※実験後社員が美味しくいただきました)